吐く血

統合失調症の女が夢を追いながら色々考えるブログ

Flowerwall

このたび、9割方「統合失調症」だとの診断を頂いたので、せっかく他人とは違う視点でものを見られる環境にあるので、こうして備忘録のような感じで少しずつ書き留めていくことにした。
いつまでもつかはわからないし、それでも思ったことや見たものを書いていこう。
苦痛にならない程度にね。

最初の記事だから、なぜわたしが精神科を受診しようと思ったかを書こうと思う。

前提として、わたしが壊滅的に空気を読まない人間だた。
読めないわけではない。読まないのだ。……いや、読めてないときもたくさんあっただろうけど。
これがまあ、社会にでると馴染めない。空気を読めない・読まないから・当然である。
しかも、わたしは被害妄想がひどい(らしい)のである。
誰かが二人組で話をしていて、ちらりとでもこちらを見たら、その瞬間「ああ、あの人たちは今わたしの悪口を言っているんだ」と思ってしまう。
町中だって怖い。誰かがわたしを一瞥しただけで、「わたしの歩き方は変なのだろうか」「わたしが醜いから、こっちを見たのだろうか」と思ってしまう。
まあ、これは当然のことではある。
わたしだって、わたしという人間のことは好きじゃない。嫌われるのだって当然である。
でも、悪口言うにしたって、陰で言えばいいじゃん? わたしがいるところで、いう事じゃないじゃないか。
それにうんざりして、気に障ってイライラして、ここに自分の居場所なんかないんだろうって思って、不安になって、精神科を受診した。

正直、ただの適応障害くらいだと思っていた。
仕事について、色々環境がかわって、残念なことだけど、わたしの心が弱いだけだったんだろうなって思ってた。

でも、実際受診したら結果は全然違って、環境の変化は結局きっかけのひとつでしかなくて、わたしは元々統合失調になる素因を持って生まれてきてしまったんだろうなって思った。
今までほとんど崩れかかっていた心が、ここへきてぽっきり折れてしまったんだろうな、って思った。
まあ、気になるのは、木の絵描かされる検査とか、インク見せられて「これは何に見える?」っていうあの検査が終わってないにもかかわらず、統合失調症の検査結果が出てることなんだけど。

いまは、ルーランコントミンリボトリールアーテンワイパックスデパスハルシオンサイレースを飲んでる。
いくつ精神安定剤処方されてるんだ? でもデパスワイパックスリボトリールも飲まないと不安で死んでしまう。
また、飛び降りろって神の啓示が降ってくる。明日がきたら、なにもかもがない世界になってしまっているかもしれないって思うと、怖くて、怖くて、ああ、これもう依存症なんだな、安定剤の。

ちゃんと働けるようになりたい。
力がほしい。
がんばろう。おくすり飲んで、頑張っていこう。
今世がだめでも、最悪来世があるんだから……。

この日記、本当にいろんなことが書きたくて、例えば創作小説(という名のポエム)とかもUPしたいから、そのうち創作物をまとめておくサイトも作ろうかな。
いやでもカテゴリ作ってわけりゃいいのか。どうするかは、、またあとで考えよう。

おくすり飲んで、ふわふわしてる。今日はこのくらいにしておこう。